空気が読めない、気持ちが表に出ないと言われる人

・どんな気持ちなのか尋ねられてもいまいち分からない
・周りの人がどう感じているのか分からず、空気が読めないと言われてしまう
・何か感じてはいるが、これをどう表現したらいいのか分からない
・無表情、淡々としている、何を考えてるかよくわからない等言われることが多い

これらに当てはまる方は、もしかしたら
アレキシサイミアという性格特性を持っているかもしれません。

アレキシサイミアとは、日本語では失感情症と訳されています。
字面を見ると、”感情がない”と勘違いされがちなのですがそうではなく
自分の感情に気づくこと、自分の感情について考えること、気持ちを言葉にすることが苦手
という特徴を指します。

この概念は元々
心身症という主にストレスからくる身体疾患の治療の中で
取り上げられるようになりました。

心身症とアレキシサイミア

ではなぜ、心身症というからだの病気と
こうした感情を言葉にすることが難しいということに関係があるのでしょうか?

アレキシサイミアの方は”気持ちを表現すること・気持ちに気づくこと”が難しいだけで
気持ちを感じていないわけではありません。
つまり、しんどさや辛さなどのネガティブな感情を
気づかないうちにため込んでしまうこととなります。
そのため、日常生活の中でささいなストレスが積み重なり
身体の症状として表れてきます。
しかし、自身では何がしんどかったのか、何が辛かったのか分からないため
病院でストレスについて尋ねられてもきょとんとしてしまうのです。

また、仮に感情を捉えられたとしてもそれを客観的に見つめることが苦手です。
つまり「しんどい・悲しい」けれど、自分が何からそう感じ、どうしたらいいのかが分からず
対処できないまま放置してしまうパターンもあります。

さらに、自分自身の感情を理解し、それと付き合うことが苦手な方は
他者の感情を想像することも苦手であるため、適切なコミュニケーションを取ることが
難しくなります。
「人の気持ちが分からない」「空気が読めない」と思われてしまうことに繋がり
人間関係を円滑に進めることが出来ず、それもストレスになってしまいます。

アレキシサイミアの原因と対処

アレキシサイミアの性格特性は
・生まれ持った遺伝的な要因
発達障害に伴う自閉傾向や、HSPなどの過敏さ、身体感覚への鈍感さ等
・家庭環境や特定の出来事に起因する後天的な要因
感情を否定され続けてきた、周囲と情緒的な交流が無かった等
双方が関連しているとされています。

身体症状が出ている場合は
まず、その症状を改善することが目標となります。
感情に焦点を当てることが難しいため
呼吸法でのリラックスや、自律訓練法での緊張緩和などを行っていきます。

そのうえで、自分の特性を理解し、少しずつ感情に目を向けることも大切です。
自分の気持ちを完全に理解することは誰にとっても難しいものかと思います。
そのため、完璧に言い表す言葉を見つける、ということではなく
大体このあたり、というグループ分けが出来るようになると良いかもしれません。

自分の言動をメモして見返す、日記をつけるといったことは
自分の状態を客観的に見ることの練習となります。
また、物語を読むことによって感情表現の方法を勉強するのも1つです。

アレキシサイミアはあくまでも病気ではなく、性格特性とされています。
1人で取り組み続けることは難しくても
カウンセリングの中で一緒に考えていくことも出来るかと思います。

カウンセリングの予約

トップページへ