「心理療法」の記事一覧

ブリーフセラピー

心理療法

ブリーフセラピーとは ブリーフセラピー(短期療法)は、1950年代から1960年代にかけて行われた 統合失調症の治療研究の中で発展してきたもので、アメリカ西海岸のパロアルトにある Mental Reserch Insti・・・

森田療法

心理療法

森田療法とは 森田療法とは、1919年に日本の精神科医、森田正馬が提唱した精神療法の1つです。 主に神経症(現在の不安障害)の方へのアプローチ法として確立されたもので、 クライエントが不安に対して囚われ、苦しんでいること・・・

内観療法

心理療法

内観療法とは 内観療法は、日本で生まれた心理療法の一つで、 吉本伊信という浄土真宗の僧侶が、身調べという精神修養法を基に、 苦行性、秘密性、宗教性を取り除き、誰でも容易に実践できるように改良したものです。 1954年に少・・・

催眠療法(ヒプノセラピー)

心理療法

催眠療法の概要 催眠療法とは、催眠現象を利用した心理療法のことを指します。 治療目的でなくテレビなどのショー目的に行われているものは、催眠術と言われ、区別されています。 催眠療法の歴史は、心理療法の技法の中でも最も古いも・・・

遊戯療法(プレイセラピー)

心理療法

遊戯療法の概要 遊戯療法は、プレイセラピーとも言われ、言葉での表現が十分ではない子どもとカウンセラーが、 遊びを通じて子どもの抱える問題の解決を図っていくものです。 遊びをコミュニケーション手段、表現手段として活用し、 ・・・

ゲシュタルト療法

心理療法

ゲシュタルト療法の概要 ユダヤ人の精神科医、フレデリック・パールズ(フリッツ・パールズ)とその妻のローラにより、 ゲシュタルト心理学、実存主義思想などを手がかりにはじめられたものです。 ゲシュタルトとは、ドイツ語で形・形・・・

物語療法(ナラティブ・セラピー)

心理療法

物語療法の概要 人は、自分が所属する文化や慣習、常識、教育など、様々な影響を受けています。 そういった影響のもとで得た認識という枠組みで物事を理解し、 自分なりの意味を見出す。と、物語療法では考えます。 そのため、物語療・・・

芸術療法(アートセラピー)

心理療法

芸術療法の概要 芸術療法は、以前は絵画療法として絵画を用いたものを指していましたが、現在では絵画だけで なく、音楽、詩歌、文芸、ダンス、箱庭、心理劇、陶芸、園芸など、表現活動を通して行う 心理療法全般を指すようになってき・・・

家族療法

心理療法

家族療法の概要 家族という集団を一つのシステムとして考え、その構成員がそれぞれ相互に影響を与え合っている という、家族システム論を基にして行われる心理療法です。 そのため、問題行動や症状を訴える人だけに問題があるのではな・・・

行動療法

心理療法

行動療法の概要 1950年代末から、スキナー、ウォルピ、アイゼンクなどにより、心理的な問題に対する 新しい介入法として体系化されたもので、1959年、アイゼンクにより、行動療法とは どういったものかと定義づけされました。・・・

ページの先頭へ