それって本当に話し合いになっていますか

夫婦問題でも、親子関係でも、会社の人間関係でも
人と人が絡む問題にはお互いの意見の対立がつきものです。
それ自体は決して悪いことではありません。
別々の人間なのですから、ある意味当たり前のことですよね。

意見が対立したときに、話し合いをしてよりよい着地点に落ち着くのがベスト。
しかし、実は片方が話し合いをしているつもりでも
相手から見たら意見の押し付けや、喧嘩になっていることがあります。

「お前はいつもそうだ…」
「前も言ったと思うんだけど…」
「あなたのそういうところが…」

強い言葉で相手を負かしてしまってはいませんか?
自分の思い通りに動かそうとしてしまってはいませんか?

話し合いはどちらの意見を通すかの勝負ではありません。
思い当たるところがある方は
その話し合いの目的が何なのか、今一度考える必要があるかもしれません。

話し合いをするときのコツ

お互いにとってより良い話し合いをするためには
いくつかのコツがあります。

①感情的にならないこと
人はストレスを受けると、脳の中の偏桃体というところが活性化します。
すると、偏桃体はストレスホルモンという物質をたくさん出します。
その結果、理性よりも感情が優先されてしまい、コミュニケーションが成り立たなくなってしまいます。
感情的になってしまっている時は、まず一呼吸置くことが大切です。

②相手を責めないこと
先ほども書いたように、話し合いはあなたと相手の勝負ではありません。
何か問題となる事柄が発生しており、その解決に向けてお互いに方法を考える場のはずです。
「あなたがこうしてくれたらよかった」「お前が動かないからこうなった」など
相手を主語にして責めることは、お互いに不満が募るだけで何もメリットはありません。
相手を責めるのではなく、自分がどう思ったのかを伝えましょう。
「私は~~に対して……だと思った」「私は自分が否定されたように感じた」などの
言い方になります。
×「私はあなたが~~しないほうがいいと思う」:結局”あなた”が主語になっている
×「私は……だと思うから、〇〇してね」:気持ちを伝えるのではなく指示を出してしまっている

③過去を蒸し返さない
前にも同じことを言ったのに…と思うと、ついそれを言葉に出したくなってしまいますが
過去のことを蒸し返すと
「前はこういった」「あの時はこうだった」と言い合いにしかなりません。
それでは話が前に進まないため、今感じていることのみに言及することが重要です。

④相手の言葉に耳を傾ける
相手の言葉や考え方に対して、”こういうことだろう”と思い込んでしまうことがあります。
特にお互いストレスを感じている時は、ちょっとした言葉でもうまく伝わらなかったりするものです。
これを相手に確認しないままでいると、すれ違いがうまれ、取り返しがつかなくなってしまうことも。
誤解をしないためにも
「それってこういうこと?」「私はあなたが〇〇と思っていると感じたんだけど、あってる?」と
疑問を感じたらその都度確認していきましょう。

これらと共通する部分も多くありますが
アサーティブな話し方を心がけることも大切なポイントの1つとなります。

お互いのこれからのためにより良い話し合いを

どんなに仲のいい相手であっても
考え方が全て一緒なわけではありません。
どこかでぶつかることは出てくるかと思います。
その時に、ただぶつかるのではなく、よりお互いを分かり合えるように
話し合いが出来るといいですよね。

また、違いを全て解決しないといけないわけではありません。
認め合える部分、お互いが許しあえる部分であれば
話し合う必要もないかもしれません。

お互いだけだとどうしても話が進まない
第三者を入れたほうが話しやすい
実際こういうときはどう言ったらいいんだろう
などありましたら、お気軽にご予約くださいね。

カウンセリングの予約

トップページへ