友達のように仲良しな母と娘のほほえましい関係?

近年、まるで友達のように一緒に遊ぶ親子の姿がよく見られるようになりました。
特に母親と娘の間によくみられる関係であり
友達母娘(ともだちおやこ)と呼ばれているのをよく見ます。

「若くて今時を分かってる母親」「私に似たかわいい娘」と感じ
洋服を交換したり、ペアルックを着たり、一緒に買い物や旅行に出かけます。
「友達と遊ぶよりも母親といる方が楽しい」と感じる子もいるようです。

平成24年にNHKによって行われた「中学生・高校生の生活と意識調査」では
79.2%が”何でも話し合える友達のような母親”でありたいと答えています。

このような友達母娘を目指している母親は「私は娘を一人前とみなしている」と
思っている方が多いのですが、実はそうではない状態も多いことはご存じでしょうか?

一見仲良しで何の問題もなさそうに見える親子の間には
本人たちさえも気づいていない共依存の問題が隠れていることがあるのです。

共依存ってどんな状態?

共依存の定義と歴史

共依存という言葉は、未だ明確な定義が成されていない曖昧な概念となっています。

現在、日本での使われ方としては
依存症者に必要とされることに存在価値を見いだし、ともに依存を維持している周囲の人の状態
自分と特定の相手が、互いにその関係性に過剰に依存し、その人間関係に囚われている状態
などが挙げられます。

どちらも本質的には同じことを指しているのですが
今回のような関係性の共依存の場合は、2点目の使われ方が分かりやすいかもしれません。

母娘関係の共依存

このような共依存関係を、一卵性母娘、母娘カプセル、とも呼びます。

親子関係はそもそも依存的なものとなっています。
生まれたばかりの赤ちゃんは、親に依存しなければ生きていけません。
また、幼児期には保護者をいつでも戻れる安全な場所として捉え
いろいろなことに興味を持って取り組める環境が必要となります。
ここまでは、子どもが健やかに発達していくために保護者は絶対的に必要であり
子どもは親に依存している状態が続いています。

しかし、小学校から中学校・高校にかけて
子どもは教師などの他の大人たちと出会い、同年代の友人と出会い
少しずつ親に頼らず社会の中で自立して生きていけるように成長していきます。
親から距離を置いて、親とは違う考え方を持ち、自分らしさを見つけていくのです。

しかし、ここでうまく離れることが出来ないと、共依存へとつながっていきます。

親は今まで自分を頼っていてくれた子どもが離れていくことに不安や寂しさを感じ
子どもを自分の支配下においてコントロールしようとしてしまうことがあります。
特に母と娘の場合は、自分がお腹を痛めて生んだ同性の子どもであることから
子どもを自分の分身であるように感じ
「あの時こうしたかった」という自分の理想を押し付けてしまっていることも少なくありません。

子どもの選んだ服に対して「それはちょっと派手すぎない?」
子どもの選んだ進路に対して「私はこっちの方がいいと思うけど」
子どもの選んだ彼氏に対して「あの人は私あんまり好きじゃないな」

子どものためを思って、友達のように相談に乗っているようですが
裏には「私から離れないで」というメッセージが込められており
子どもに自分で選択させない無自覚なマインドコントロールになってしまっています。

ここで「うっとうしい」「放っておいて」と自分から離れられるとよいのですが
共依存に陥りやすい子どもは親からのメッセージを敏感に感じ取り
「親には自分がいないとダメなんだ」「たった一人の親なんだから」
「うっとうしいなんて言って見捨てたらかわいそう」と自分の気持ちに蓋をしてしまいます。

その結果、親からの依存に子どもが拍車をかける共依存状態が出来上がってしまうのです。

子どもに依存しやすい親の特徴

自己評価が低い

自分に自信が持てないことで、子どもを使って自分の価値を確かめようとします。
自分の存在価値は子どもを通してしか見つからず
子どもをしっかりと育て上げる、自分の理想の形にすることで
自分の価値も認められるように感じるのです。

さらに、子どもは幼いころには「お母さんじゃないとダメ」と全身で自分を求めてくれるため
自己評価が低い親であっても承認欲求が満たされます。
その承認を忘れられず、再び求めているため子どもに依存的になってしまうのです。

人間関係がうまくいっていない

実母やきょうだいとの関係、義父母との関係、ご近所や友人との関係など
いろいろな人との関係がうまくいかず、孤立感を深めて子どもに依存してしまうことがあります。

特に、配偶者との関係がうまくいっていない場合が多くみられます。
子どもを自分の味方に引き入れて
「お父さん(お母さん)はダメだから、2人で頑張ろう」となってしまうと
親から子どもへの依存のみではなく、共依存に陥りやすいと考えられます。
また、夫婦関係が円満であれば、エネルギーは子どもと配偶者に分配されますが
そうでない場合、親のエネルギーが全て子どもに向いてしまうこととなり
依存的な関係になりやすくなってしまいます。

趣味や楽しみがない

子どものことを何よりも優先し、自分の趣味や楽しみがないと
子どもが離れようとした時、自分のもとには何もなくなってしまうように感じます。
そのために、子どもに置いて行かれる自分を被害者に仕立てあげ
子どもに「見捨てたらかわいそう」と思わせることで、子どもの選択を支配してしまうのです。
子ども以外に生きがいがないため、いつまでも自分の手元に子どもを置いておきたいと願ってしまいます。

共依存関係にあった子どもはどうなる?

自分の気持ちが分からない、自分で決められない

常に親の顔色を窺って生活してきたことから
周りの顔色をうかがわずにはいられず、他人に気にいられようと自分の気持ちを隠してしまいます。
さらに、これまで親の選択に従って生きてきたため
自分に自信が持てず、周囲の人に依存し、常に漠然とした不安や恐怖を感じることもあります。

実家依存症

学校を卒業し、社会人になったとしても精神的に自立ができず
いつまでも実家から離れられなくなってしまうことがあります。

また、結婚しても配偶者よりも実家を優先する実家依存症になる可能性もあります。
親はそんな子どもを諭すどころか、喜んで受け入れるため
配偶者や配偶者の両親との間に確執が生じ、離婚に繋がってしまうことにもなります。

自分の子どもも支配しようとする

人は自分が育てられてきた環境しか経験していないため
いざ自分が子育てをしようとした際に
親からされたのと同じように、自分の子どもを支配してしまうことになり得ます。

親との共依存関係から抜け出すには?

自分を肯定する

共依存関係の中で育った子どもは自己評価が低くなりやすいと考えられます。
しかし、そのままでは自分の気持ちに蓋をして、自分で選べないままとなってしまいます。

まずは、これまでの自分を自分で認めてあげることが大切です。
これはとても難しいと思います。これまでたくさん否定してきたのですから。

しかし、少しずつでいいので、これまでの自分を「頑張ったね」と労わってあげてください。
そして何かを決断出来た時には、「よく出来た」と自分でほめてあげてください。

自分の世界を大切にする

共依存関係にある時は、親と自分だけで世界が完結してしまっています。
そのため、外にそれ以外の世界をたくさん作ってください。

これをしていると楽しいな、幸せだな、と感じられることならなんでもいいです。
趣味でも、仕事でも、恋人や友達といる時間でもかまいません。
そしてその時間を大切にしてください。

物理的に距離を取る

物理的に近い距離にいると、精神的な距離も取りづらくなります。
まずは、実家から離れることも1つの方法です。
親からはきつく反対されるかもしれませんが
あなたがそうすると自分の意思で決めたならば、突き通しましょう。

周りに相談する、カウンセリングを受ける

自分1人で考えていても答えが出ない場合は
信頼の出来る友人や、第三者に相談することも1つの方法です。

本当は親が変わってくれるのが1番なのですが、親はあなたのためだと思っているので
それは難しいかと思います。

カウンセリングでは、あなたのお気持ちや状況をゆっくりとお聞かせ頂きます。
そのうえで、どうするのがあなたにとってより良い状態になっていくのかを
一緒に考えることで、あなたが1歩を踏み出す力になれればと思います。

もし、親との関係で「何かしんどいな」と思うことがありましたら
そのままガマンせず、一度ご相談頂ければと思います。

親との関わりに悩む人のカウンセリング

カウンセリングの予約

トップページへ