周りからどう思われるか、どう見られるかが気になって落ち着かない

程度の差はあるものの
人前に立ったり、初対面の人に会うときは
緊張するものですよね。

「人からどう思われているか」が気になることが
全くない人は稀ではないかな、と思います。
ただし、この頻度が多かったり、程度が大きかったりすると
日常生活の中で疲れてしまいますよね。

「自分はこう思うけど、それを言ったらどう思われるかな」
「バカな人だと思われたらどうしよう」

そんな風に感じると自分の気持ちが伝えられず
もやもやをため込んでしまうことになるかもしれません。

周りの目が気になってしまうのは
どうしてなのでしょうか。

これまでの経験の中で得られたもの、得られなかったもの

人は小さいころからの周囲との関わりの中で
社会性を身に着けていきます。

赤ちゃんのうちは周りの目など気にしていませんが
幼児期になると周囲の大人の反応を確認するようになります。
最初は自分が安心できるよう、保護者のそばを離れません。
そうしているうちにだんだん
自分の身の回りの世話をしてくれたり、安全を守ってくれる人を信頼し
その人を「安全基地」として、周囲の探索に出ることとなります。

子どもは探索に出ると、安全基地とした大人の反応を見ながら
自分の触れるものが安全か、危険かを判断します。
これが初めて「周りの目を気にする」という経験になると思います。
大人が笑っていたら大丈夫、眉をしかめていたら危険かもしれない
そんな風に相手の表情を窺って行動し、社会性を身につけていくことになります。

幼児期のうちは、自分では判断のつかないことが多いため
他者に判断をゆだね、その様子を見て自分の行動を決めることになりますが
安心できる環境で、たくさんの成功や失敗の経験を積んでいくことで
次第に自分で物事を判断し、選択していけるようになります。

しかし、この時期に「安心の出来る状況で」「自分で判断する」「自分で選択する」という経験を
うまく積めずにいると、他者からの評価で判断する、という部分だけが
残ってしまうことになります。
例えば、自分で決めたことに対して周囲から強い否定を繰り返し受けた経験や
自分の出来る範囲を超えた評価を受けた経験、逆に無理な要求をされた経験などがあると
必要以上に人の目を気にするようになってしまいます。

その結果、自分の判断に自信が持てず、周りからの評価への不安が高くなってしまうのです。

周りの目が気になるとき、あなたは何を気にしているのか

周りの目が気になる人が気にしているのは
”自分への評価”です。

自分が、どう見られているのか
自分が、嫌われないか
自分が、悪く言われることがないか

その視点は全て「自分」に向いています。

相手がどう感じるのかが心配で、とおっしゃる方もいますが
相手がどう感じているかは実際のところ分かりません。
それを他人が変えることもできません。考えてもどうしようもないのです。
どうしても相手がどう思うか気になる場合は、聞いてみるのが一番です。

さて、自分への評価ですが
悪い評価をされたら、どうなるのでしょう?
それはあなたになにか損になるのでしょうか?

100人の人間が居て、100人に好かれる人はいません。
あなたがどれだけ素晴らしい人間でも、素晴らしいという理由で嫌う人はいます。

自分への評価が気になって、相手の言葉の意味を深追いしているときは
いったん外に意識を向けてみるといいかもしれません。
やるべき事柄があるのであれば、それをしっかりとこなすことをまず心がけましょう。

あなたの人生は、あなたが責任を取らなければ誰も責任を取ってくれません。
あなたに悪い評価を下すかもしれない人も、いい評価をもたらす人も
誰もあなたの人生の責任は負っていないのです。
あなたがあなたの判断で、あなたの選択で、生きていく必要があるのです。

行動を起こすとき、本来の目的を意識してみてください。
あなたは人から好かれるためにその行動を起こすのでしょうか?
何か目的があったのではないですか。

物事の見方、捉え方を変えたい、と感じられる方は
是非1度ご相談に来ていただくのも1つかもしれません。

カウンセリングの予約

トップページへ